北青山の住宅 House in Kita-aoyama

寺院の参道沿いに計画中の住宅。
「続き間」が3層積み重ねられた人口の土地に多世代の家族が棲む。立体の「続き間」は、都市からの距離をとる生活の緩衝帯であり、光や風が通り抜けていく動的な経路でもある。
どの層にいてもそれぞれの生活の固有のかたまりを感じながら、環境へのダイナミックな広がりを持った新しい都市居住の在り方を目指している。