シアタープロダクツ 表参道本店 THEATRE PRODUCTS OMOTESANDO

「ファッションはあらゆる場所を劇場にします」
というユニークなコンセプトをもつ東京のファッションブランド、シアタープロダクツの路面店。
シアタープロダクツとは2004年の渋谷ゼロゲート店から様々な形での空間のコラボレーション
(空間の力でもあらゆる場所を劇場に変える)をしてきたが、初の路面店となる本プロジェクト
ではどこにでもあるような普通のビルの1階を劇場に変えることを試みた。

着目したのは1階店舗の前にあった空地である。このセットバックのための都市の空地を利用して
奥行2メートル×幅12メートルの細長い「庭」をつくることにした。この「庭」は「インテリア」と
「ストリート」の中間的な存在としてある。「インテリア」からみると「庭」は「ストリート」の
前景として浮かび上がり、「ストリート」からみると「庭」は「インテリア」の前景として見えて
くる。一方「庭」の中にたたずむと「インテリア」・「ストリート」のいずれからも遊離した空間
であることを体感する。

2011年にはこの「庭」を「ステージ」と見立てたファッションショーが開催された。突如スト
リートに出現した「庭」が突如「劇場」になってしまう。シアタープロダクツの世界劇場化プロジ
ェクトはいまもどこかで進行中である。