鎌倉の家 House in Kamakura

ベースキャンプのような家をつくれないかと考えた。

最小限かつ最高の道具によって豊かな生活をつくっていく。

こだわりたい機能は高性能登山バッグのアタッチメントのようにコアユニットにとりつける。

機能的でタフでおおらかな空間、自然の美しさに毎日ハッとする経験の場。